滋賀県の紅茶 朝宮紅茶

滋賀県の紅茶 朝宮紅茶

近江朝宮地域、滋賀県甲賀市信楽町近辺、で作られているのが朝宮紅茶です。
朝宮でのお茶の生産の歴史は古く、805年(延暦24年)に最澄が留学先の中国から持ち帰ったお茶の種を植えたことが始まりと伝えられています。
標高300mを越えた高地であり、昼夜の温度差が大きく川筋に霧が発生しやすい滋賀県信楽盆地に位置する朝宮は、お茶の栽培に適していて、風味、香味、色つやの優れた日本茶、朝宮茶の産地です。
この朝宮地域で作られたのが朝宮紅茶です。
無農薬、有機栽培で作られた朝宮紅茶は、香り豊かで渋味の少ないあっさりとした味わいの紅茶です。


かたぎ古香園
http://www.katagikoukaen.com/
朝宮茶無農薬研究会
http://asamiyacha.net/ec/category.php?bun=1&syu=7
満田製茶
http://www.mitsuda-cha.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。